転職を肯定的に捉える

 一昔前までは転職を繰り返す人間はこらえ性のない駄目人間と言うレッテルを貼られることが多々ありましたが、現代の働く現場ではより個人個人の適材適所という観点が重要になりつつある時代になっているため、個人の能力や適正にあわせて職場や仕事を変えていく労働スタイルが半ば肯定されつつあります。そういった適材適所、収まるべき所に収まると言う生き方においては、転職と言う行為はとても理にかなった行為なのです。仕事と言うものは例え就きたい職業であったとしても、実際に就職し現場で働いてみるまではその詳しい内情まではわからないものです。

 

 就職して自分に合った職場でなかった場合には、転職をしなければずっとその職場で不完全燃焼のまま働くことになってしまいます。自分がより完全燃焼できる理想の職場に出会うまで、転職を繰り返すと言うことは一見遠回りに見えても実は理想の職場への一番の近道であったりするのです。不完全燃焼の仕事でも妥協してひとつの職場で甘んじることは確かに楽な生き方ですが、勇気を出して転職してみるのもより質の高い人生を歩むためにも大切なことなのかもしれません。自分に合わない仕事に早めに見切りをつけて転職することは決して逃げではなく、より高みへと昇るための攻めの転職なのです。攻めの転職を繰り返していけば、着実に理想の職場に近づいていけます。



このページの先頭へ戻る