無職期間について注意しなければいけないこと

 転職に関して不利な要素にたいしてどのようにアピールポイントにつなげたらいいのかを記載したいと思います。まず、一体不利な要素とはいったい何なのかを考えたときどういったものが浮かぶでしょうか。1つあげられるのは、無職期間だと思われます。無職期間が長ければ長いほど、その期間の間に何をしてきたのかが問われるのです。ここでただ転職活動をしていましたというだけでは、お世辞にもいいとは言えません。おそらく、企業の内定は確実にもらえないでしょう。じゃあ、どうすればいいのかというと、予防策としては仕事をしながら内定をとる転職活動をするということです。仕事をやめたあとに、次の内定がでないとそれだけ無職期間がのびてしまうからです。
 ただし、例外として無職期間が仮に1年あったとしても、目的があって1年を過ごしましたとアピールできれば逆に内定がとりやすくなるかもしれません。また、1年だったらその1年の成果を目に見える形で面接等で示すことができれば、逆にそれは他のライバル達に差をつけることができるということなのです。

 

 具体的に無職期間の過ごした内容をアピールにつなげるにはどうしたらいいかというと、やはり希望の職種とリンクさせて、自己PRにもつなげられることがベストです。プログラマなどのクリエイター系求人では自分のつくったもの自体を持ち込んでアピールすることがその最たる例といえるでしょう。無職期間にたとえボーっとしていたとしても正直にそのような状況を赤裸々に述べるのではなく、「この期間には御社が事業として行っている内容について調べたりしながら転職活動を行っていました。またその成果として業界や御社について資料を作成しましたのでみていただければと思います。」と言う事ができれば、おそらくかなりの確率で採用担当者達に好印象をもらえるかと思います。



このページの先頭へ戻る