転職は時期を選んで

 私が前職を退職したのは、リーマンショックが起こった数か月後、雇用にかなりの影響が出ていた時でした。新卒であまり就活に前向きでなかった私は大手ばかりを狙っては落ち、その会社は唯一拾ってくれた恩人のような会社。それなのに傲慢にも、私が本来するべき仕事はもっと他にあるはずなどと見下してさえいて、3年したら第二新卒で大手上場企業に就職するなどと考えていました。その会社だって年商600億超のそこそこ大手だったんですけどね。業種がアパレル小売だったこと、そして店舗研修で高卒・専門卒のアルバイトの子たちと大卒の私が横並びで扱われた時期があったことなどが不満でした。会社からは他の新卒同期や先輩後輩に比べてもずいぶん優遇されていたと思うのですが、ますます傲慢になるばかりでした。

 

 転職サイトへの登録・エージェントとの面談などを始め、希望する会社への転職が叶いそうな時もありました。その時はタイミングが合わず辞退することになりましたが、いつでも私は転職できると自信がつきました。そしてついに結婚を機に退職。次を決めてからでなくても私なら…と思っていたら、一気に奈落の底へ。企業はどんどん求人を減らし派遣切りも。1名募集の事務職に何百人もが殺到するような状況で、箸にも棒にも引っかからず。どんなに自信があっても、くれぐれも時流を逃さずタイミングを間違えないことが、他の何より転職の基本です?



このページの先頭へ戻る